Facebook(フェイスブック)集客の成功事例≪4選≫

SHARE

Facebook(フェイスブック)集客の成功事例≪4選≫

Facebookを使って集客したい。
無料集客する方法はないかな。

そう思ってFacebookページを作ったものの、どう運用していいか分からず放置してしまっているなんてことはありませんか?

こんにちは!日本でいちばん笑顔の多いWEB屋さん(を目指している)やまこです。

Facebookは、無料でできる貴重な集客・販促ツールのひとつです。
SNSの中でも歴史が古いので、アカウントを作成したもしくは運用した経験がある方も多いのではないでしょうか。

事実、Facebookを使って集客や販促に成功している企業・店舗は非常に多く、Facebookは『ビジネス』との相性のいいツールだとも言われています。

しかし、うまくフォロワーが増えなかったり、実際の集客効果が感じられなかったりと運用をあきらめている方も…

そこで今回は、『Facebook(フェイスブック)集客の成功事例』と題して、Facebook集客に成功している企業・店舗の事例を4つご紹介したいと思います。

Facebook(フェイスブック)集客の成功事例① 藤巻百貨店

(出典:藤巻百貨店 Facebookページ

『藤巻百貨店』は、元伊勢丹の名物バイヤーとして知られる藤巻幸大氏のプロデュースで立ち上がった、「日本」をテーマにした通販サイトです。

「“もの”を語る。そんな、極上の“ものがたり”に出会う場所」として、商品それぞれが持つストーリーを大切に、生活が豊かになる逸品を紹介しています。

身に着けるものにこだわりをもつミドル年代の男女、感性豊かな若い方々、素敵なプレゼントをお探しの方まで、幅広い方々に、逸品に彩られた生活を提案してまいります。商品の背景に流れるストーリーとともにお楽しみください。

(出典:藤巻百貨店 公式サイト

上記の言葉通り、藤巻百貨店で扱われている品々(財布・バッグ・衣服・食品など)は、どれも『珠玉の逸品』と言えるものばかりです。

独自の世界観で「いいね!」を獲得

こうした「こだわり」は、Facebookでも上手に打ち出されています。

例えば、下記は伝統的な「江戸切子」に独特な曲線のカットと趣のあるカラーグラデーションが施された商品です。

通常であれば、『商品の説明』や『生産者の紹介』、『価格』などを羅列してしまいたくなります。

しかし、藤巻百貨店では『商品(グラス)を様々な角度から撮った画像』『商品(グラス)を使用した時の様子を思い描かせるような2文』で表現。

洗練された『独自の世界観』を打ち出すことで、21時間で400件以上の「いいね!」を獲得しています

Facebookなど、SNSでは大衆的な内容よりも『独自の世界観』や『個性が光った』投稿がウケる傾向があります。

Facebookを活用した集客を行う際は、藤巻百貨店のように、Facebook内でも企業・店舗の世界観(ブランドイメージ)を打ち出すことを心掛けてみましょう。

ファン層の拡大につながる可能性は高いです。

Facebook(フェイスブック)集客の成功事例② ドミノ・ピザ

(出典:ドミノ・ピザ Facebookページ

『ドミノ・ピザ』は、全国に400店舗以上を展開する宅配ピザチェーン店です。

ドミノ・ピザを運営する(株)ドミノ・ピザ ジャパンは、いち早く集客手段に「アプリ」を導入したり、日本進出25周年を記念して「時給250万円のアルバイト」を募集したりと、『集客が上手い企業』の代表例のひとつです。

今では普通の宅配バイクも、日本の交通事情を考慮したドミノ・ピザがはじめたものなのだとか。

Facebookでも動画を有効活用

そんなドミノ・ピザはFacebookの活用方法もうまいです。

例えば、下記の投稿では、画像だけでなく『動画』を使って「焼きたてのピザ」の香ばしさを表現しています。

情報が多いSNS上では、やはり『動画』を使った投稿の方が埋もれにくく、目を惹く傾向があります。

『エンゲージメント(いいね!やクリック、シェア等)率』が静止画の2倍以上になるケースも少なくありません。

「動画=InstagramやLINEを使った集客に効果的」という印象の方も居るかもしれないですが、Facebookに関しても動画の投稿が集客に効果的です。

ドミノ・ピザのように、Facebook内でも動画をうまく活用してみましょう。

視認率アップや反響アップにつながる可能性は高いです。

Facebook(フェイスブック)集客の成功事例③ デリッシュキッチン

(出典:DELISH KITCHEN (デリッシュキッチン)Facebookページ

『デリッシュキッチン(DELISH KITCHEN )』は、今話題の「料理レシピ動画」メディアです。

Facebookでも、毎日、かんたんに作れるレシピを動画で公開。

フォロワー数は「1,502,790人」にも上っています。

丁寧なコメント返信でファンを拡大・顧客ロイヤルティを向上

先述のドミノ・ピザの例で触れましたが、SNSにおいて動画を投稿することは反響の拡大に非常に効果的です。

しかし、デリッシュキッチンのFacebookページが優れているのは、動画を活用した投稿だけではありません。

下記はあるFacebook投稿のコメント欄です。

こちらを見ていると、非常に丁寧にコメント返信をされ、さらにその返信内容に「いいね!」が付いていることがわかります。

Facebookなど、SNSは『ファンの方との貴重な交流の場』でもあります。

もちろん、SNSに割ける時間や労力には限りがあると思うので、ぜったいにコメント返信しないといけないというわけではありません。

逆に、手が空いた時だけコメント返信していたところ、「特定のユーザーにだけ返信している」というクレームをもらったという話もあり、コメント欄の運営にはむずかしい部分もあります。

ただ、もしお客さまとの交流を楽しむ余裕があれば、デリッシュキッチンのように、丁寧なコメント返信を心掛けてみましょう。

コメント欄を見た方がその対応に好感を持ってファンになってくれたり、顧客ロイヤルティ*が上がる可能性は高いです。

 *顧客ロイヤルティ・・・顧客がブランドや商品、またはサービスに対して感じる「信頼」や「愛着」のこと。

Facebook(フェイスブック)集客の成功事例④ キルフェボン

(出典:キルフェボン Facebookページ

『キルフェボン』は、「フルーツたっぷりのタルト」がファッション誌などにも度々登場する、女性に人気のケーキ店です。

店舗数は東京・大阪などに10店舗とそう多くはないのですが、「インスタ映え」という言葉が流行るずっと前から心躍るビジュアルのタルトやケーキを提供。

雑誌やTVなどのマスメディアをはじめ、SNSなどでも人気となり、店舗には全国からファンが足を運んでいます。

長文の投稿で「いいね!」や「シェア」を量産

キルフェボンのFacebookで注目すべきは、『文字数の多さ』です。

下記は、ある季節限定メニューの投稿なのですが、画像と合わせて『長文』が投稿されています。

画像が綺麗なので、画像だけでも訴求力は高いです。
ただ、画像だけでは「おいしそう~」「かわいい~」だけで終わってしまう方も。

その点、上記のように『長文』でのメニュー紹介が加わると、より強い来店のきっかけを生み出すことができます。

様々なSNSの中で、文章での訴求に最も適しているのは『Facebook』です。

キルフェボンのように、たまにはFacebook内で『長文』の投稿をしてみてはいかがでしょうか。

いつもとは違う反響が生まれたり、来店などの具体的行動につながったりする可能性は高いです。

まとめ

冒頭でも述べましたが、Facebook無料でできる貴重な集客手段のひとつです。

実際に集客アップや認知度アップに成功している店舗・企業を参考に、運用してみてはいかがでしょうか。

きっと、思わぬところで反響やいい効果が生まれるにちがいありません。

 

  • Facebook(フェイスブック)集客の成功事例① 藤巻百貨店
    • 独自の世界観で「いいね!」を獲得
  • Facebook(フェイスブック)集客の成功事例② ドミノ・ピザ
    • Facebookでも動画を有効活用
  • Facebook(フェイスブック)集客の成功事例③ デリッシュキッチン
    • 丁寧なコメント返信でファンを拡大・顧客ロイヤルティを向上
  • Facebook(フェイスブック)集客の成功事例④ キルフェボン
    • 長文の投稿で「いいね!」や「シェア」を量産

 

 

Campanula Works.では、Facebookをはじめ、各種SNSの運用代行やSNS広告、リスティング広告の運用、ライティング代行等を行っています。

「SNSを運用する時間がない」や「SNSでどう集客したらいいか分からないという方」から「助かったよ!」とのお声を多数いただいています。

専門のスタッフが分かりやすくご説明させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから。

 

【おすすめ記事】

飲食店のインスタグラム集客の成功事例≪3選≫
【5分でわかる】Twitter広告~種類とメリット、成功のポイントとは?
Instagramビジネスツールとは?3つの新機能と設定方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です